エネファーム関連の補助金(東京都日野市)

検索結果

エネファーム・東京都日野市の補助金

東京都日野市の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

東京都で利用できる補助金 (2017年2月15日 時点)
家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業 都内の住宅において新規に設置される助成対象機器(未使用品)の所有者(国・地方公共団体及び外郭団体等の公的な団体を除く。)が対象。
助成対象機器:蓄電池システム、ビークル・トゥ・ホームシステム、家庭用燃料電池(エネファーム)、太陽熱利用システム
受けられる補助金 蓄電池システム:機器費の6分の1、1戸当たりの上限額は次のいずれかの小さい額。
 (ア)4万円/kWhに、蓄電容量(キロワット時を単位とし小数点以下第3位を四捨五入する。)を乗じて得た額
 (イ)24万円
ビークル・トゥ・ホームシステム:機器費の8分の1、1台当たりの上限額は5万円
家庭用燃料電池(エネファーム):機器費の5分の1、1台当たり上限額は次のとおり
 ・戸建住宅に設置する場合10万円
 ・集合住宅に設置する場合15万円
太陽熱利用システム:機器費、工事費の3分の1、1戸当たりの上限額は次のいずれかの小さい額
 (ア)1㎡6万円に集熱器の面積(平方メートルを単位とし小数点以下第3位を四捨五入する。)を乗じて得た額
 (イ)・戸建住宅に設置する場合は1戸当たり24万円
   ・集合住宅に設置する場合は1戸当たり15万円 
申請期間 2016/6/27~
平成28年6月27日(月)から平成32年3月31日(火)まで

事前申請:平成31年10月1日(火)から平成32年3月31日(火)まで
特例申請:平成28年6月27日(月)から平成32年3月31日(火)まで
問い合わせ先 スマートエネルギー助成金担当ヘルプデスク
TEL: 03-5990-5086  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年4月20日 時点)
中小事業所向け熱電エネルギーマネジメント支援事業(平成29年度) 中小医療・福祉施設及び公衆浴場(民間事業者)において助成対象事業を実施するESCO事業者及びリース事業者(ESCO事業者と共同申請を行う場合に限る)が対象。

対象機器:ガスコージェネレーションシステム(エネファームを含む)、太陽光発電設備及び蓄電池設備、LED照明器具、空気調和設備
受けられる補助金 助成対象機器の設置に要する経費の2分の1以内、上限は1億円 
申請期間 2017/4/3~2018/3/30
問い合わせ先 スマートエネルギー助成金担当ヘルプデスク
TEL: 03-5990-5085  HP
日野市で利用できる補助金 (2017年6月1日 時点)
日野市住宅用太陽光発電システム等普及促進補助金(平成29年度) 自ら居住する市内のエコ住宅に補助対象機器を自家用として設置した個人、未使用の補助対象機器が設置済みの市内の新築のエコ住宅を購入した個人、補助対象機器が新たに設置された市内のエコ住宅を購入した個人、市内の賃貸のエコ住宅又は使用貸借にあるエコ住宅に補助対象機器を設置した当該賃貸住宅等の所有者が対象。

対象設備:太陽光発電システム、住宅用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、住宅用ガス発電給湯器(エコウィル)、自然循環型太陽熱温水器、強制循環型ソーラーシステム
受けられる補助金 太陽光発電システム:2万円/kw、上限は12万円
住宅用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム):1件につき2万円
住宅用ガス発電給湯器(エコウィル):1件につき1.5万円
自然循環型太陽熱温水器:1件につき2万円
強制循環型ソーラーシステム:1件につき5万円 
申請期間 2017/11/1~2017/12/22
問い合わせ先 環境共生部/環境保全課
TEL: 042-514-8294  HP

【関連ページ】
 → 省エネ情報のトップページ
 → 省エネ関連の最新ニュース一覧
 → トップランナー基準とは
 → 改正省エネ法とは

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.