省エネ関連の補助金(愛知県名古屋市)

検索結果

愛知県名古屋市(省エネに関する補助金)

愛知県名古屋市の補助金の詳細は、以下の通りです。
実施は各市区町村、各都道府県、各省庁、各団体の場合など様々です。
詳細は問い合わせ先へご確認ください。

市区町村選択へ戻る

愛知県で利用できる補助金 (2021年7月20日 時点)
愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金(令和3年度) 住宅用地球温暖化対策設備(太陽光発電施設、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)、蓄電池、電気自動車等充給電設備、高性能外皮等、断熱窓改修工事)を導入する個人に対し、市町村を通じてその経費の一部を補助する。
※詳細はHP参照
受けられる補助金 補助率1/4以内
●単体補助
・定置用リチウムイオン蓄電システム:上限10万円
・電気自動車等充給電設備:上限5万円
●一体的導入
・太陽光発電施設、HEMS、蓄電池の一体的導入:戸建住宅 上限16.28万円、集合住宅 上限24.2万円
・太陽光発電施設、HEMS、電気自動車等充給電設備の一体的導入:戸建住宅 上限11.28万円、集合住宅 上限19.2万円
・太陽光発電施設、HEMS、高性能外皮等の一体的導入(ZEH):上限16.28万円
・太陽光発電施設、HEMS、断熱窓改修工事の一体的導入:上限12.28万円
※詳細はHP参照 
申請期間 令和3年度
問い合わせ先 地球温暖化対策課 温暖化対策グループ
TEL: 052-954-6242  HP
名古屋市で利用できる補助金 (2021年4月27日 時点)
名古屋市環境保全・省エネルギー設備資金融資の利子補助 中小企業の方々が、公害防止や環境保全のための対策を実施するために必要な資金を融資し、支払った利子が対象。
補助の対象となる事業
・各種公害防止のための設備更新、工事等
・公害防止のための移転に伴う経費(土地の購入、建屋の建築等)
・エコカーの購入(電気自動車、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、最大積載量1トン未満かつ乗車定員10人以下のクリーンディーゼル自動車)
・建物や敷地の緑化
・石綿対策
・PCB廃棄物対策
・ディーゼルトラック・バス等の買替え
・重機等の買替え
・脱フロン洗浄設備の設置
・省エネルギー等による地球温暖化対策(ZEB化、LED照明への入替え、高効率空調設備への入替え、ガラス窓用遮熱フィルムの貼りつけ、太陽光発電装置の設置 等)
受けられる補助金 ①全額補助の対象となる事業
・各種公害防止のための設備更新、工事等
・公害防止のための移転に伴う経費(土地の購入、建屋の建築等)
・エコカーの購入エコカーの購入(電気自動車、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、最大積載量1トン未満かつ乗車定員10人以下のクリーンディーゼル自動車)
・建物や敷地の緑化
・石綿対策
・PCB廃棄物対策

②半額補助の対象となる事業
・ディーゼルトラック・バス等の買替え
・重機等の買替え(ただし、購入する重機等がハイブリッド・電気・燃料電池式の場合は全額補助になる)
・脱フロン洗浄設備の設置
・省エネルギー等による地球温暖化対策(ZEB化、LED照明への入替え、高効率空調設備への入替え、ガラス窓用遮熱フィルムの貼りつけ、太陽光発電装置の設置 等)

※詳細はHP参照 
申請期間 支払った利子につき、1年ごとに申請。毎年度、12月1日から同月10日(本市の休日に当たるときは、本市の休日の翌日とする。)までが申請期間。
問い合わせ先 環境局地域環境対策部大気環境対策課大気騒音係
TEL: 052-972-2674  HP
名古屋市で利用できる補助金 (2021年7月20日 時点)
令和3年度 家庭用燃料電池システム(エネファーム)設置費補助 市内の住宅(集合住宅も可)に新たに家庭用燃料電池システム(エネファーム)を設置、又は家庭用燃料電池システム(エネファーム)が設置された市内の新築住宅(集合住宅も可)を購入する方が対象。
個人の場合、名古屋市民または補助対象設備を設置する住宅に家族等が居住していること。 法人の場合、本店又は主たる事務所が名古屋市内であること。
受けられる補助金 1台あたり30,000円
 
申請期間 2021/4/19~2022/2/28
500件(先着順)
問い合わせ先 環境局 環境企画部 低炭素都市推進課 再生可能エネルギー担当
TEL: 052-972-2696  HP
名古屋市で利用できる補助金 (2021年9月21日 時点)
令和3年度 住宅等の低炭素化促進補助 市内の住宅等に住宅の低炭素化を促進するための設備を導入する個人及び事業者が対象。

対象設備:太陽光発電設備、蓄電システム、HEMS、ZEH、V2H家庭用燃料電池システム

※詳細はHP参照
受けられる補助金 【太陽光発電、蓄電システム、HEMSの一体的導入】
・太陽光発電設備
築10年超の戸建住宅3万円/kw(上限6,5kW)
築10年以下の戸建住宅2万円/kw(上限6,5kW)
集合住宅2.5万円(上限9,99kW)
・蓄電システム:1.5万円/kwh(上限6kW)
・HEMS:1万円/件

【ZEH】
・ZEH:10万円/件
・ZEH+:20万円/件
・ZEH+R:29万円/件

・V2H充放電設備:5万円/件
・エネファーム:3万円/件

※詳細はHP参照 
申請期間 2021/4/19~2022/2/28
問い合わせ先 環境局 環境企画部 低炭素都市推進課 再生可能エネルギー担当
TEL: 052-972-2696  HP

会社案内 | 採用情報 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright © 日本ビジネス出版. All rights reserved.