省エネ関連の補助金(神奈川県鎌倉市)

検索結果

神奈川県鎌倉市(省エネに関する補助金)

神奈川県鎌倉市の補助金の詳細は、以下の通りです。
実施は各市区町村、各都道府県、各省庁、各団体の場合など様々です。
詳細は問い合わせ先へご確認ください。

市区町村選択へ戻る

神奈川県で利用できる補助金 (2021年7月20日 時点)
令和3年度自家消費型太陽光発電等導入費補助金 法人または青色申告を行っている個人事業主が対象
本補助事業をリース等により実施する場合は、補助金の交付を受ける者及び補助事業者はリース等事業者であること

対象機器:太陽光発電設備、風力発電設備、蓄電システム及び災害用電気設備
受けられる補助金 自家消費型再生可能エネルギー発電設備
 補助金額は、次の(1)又は(2)で算出した額のうち、いずれか低い額(千円未満は端数切捨て)を上限とする。
(1) 補助対象経費の合計額に3分の1を乗じた額
(2) 太陽光発電設備の場合、発電出力に1kW当たり7万円を乗じた額
 (薄膜太陽電池の場合、発電出力に1kW当たり10万円を乗じた額)

蓄電システム等
 補助金額は、補助対象経費の合計額に3分の1を乗じた額(千円未満は端数切捨て)か、次の(1)又は(2)で算出した額のうち、いずれか低い額を上限とする。
(1) 産業用以外の蓄電システムの場合は、15万円に導入台数を乗じた額(上限200万円)
(2) 産業用蓄電システムの場合は、200万円

※詳細はHP参照 
申請期間 2021/4/23~2022/2/28
問い合わせ先 産業労働局 産業部エネルギー課
TEL: 045-210-4140  HP
神奈川県で利用できる補助金 (2021年4月29日 時点)
令和3年度太陽光発電初期費用ゼロ促進事業費補助 法人または青色申告を行っている個人事業主が対象
神奈川県太陽光発電初期費用ゼロ促進事業費補助金交付要綱第4条第1項の要件を満たす者であること

対象機器:太陽光発電設備、蓄電システム等
受けられる補助金 【太陽光発電設備】
長期契約経済メリット型
太陽光発電設備に係る補助対象経費の全額

低容量設置可能型(電力販売)
太陽光発電設備に係る補助対象経費の3分の1又は発電出力に1kW当たり5万円を乗じて得た額のいずれか低い額

低容量設置可能型(リース)
太陽光発電設備に係る補助対象経費の3分の1又は発電出力に1kW当たり5万円を乗じて得た額又は発電出力が5kWの設置と同等以上のメリットを実現するのに必要な額のいずれか低い額


【蓄電システム等】
蓄電システム等に係る補助対象経費の3分の1又は12万円のいずれか低い額

※詳細はHP参照 
申請期間 2021/4/23~2022/2/28
問い合わせ先 産業労働局 産業部エネルギー課
TEL: 045-210-4115  HP
神奈川県で利用できる補助金 (2021年4月29日 時点)
令和3年度神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ビル導入費補助金 建築物を新築する場合は建築主、既存の建築物の場合は建築物の所有者である個人又は法人が対象

対象設備:太陽光発電システム、BEMS、省エネルギー性能の高い空調設備、換気設備、照明設備、給湯設備等、高断熱外皮、太陽光発電システム以外の再生可能・未利用エネルギー設備、コージェネレーションシステム(燃料電池含む)
※詳細はHP参照
受けられる補助金 補助額は補助対象経費の三分の一以内
上限額 2,500万円 
申請期間 2021/4/23~2021/6/11
問い合わせ先 産業労働局 産業部エネルギー課
TEL: 045-210-4140  HP
神奈川県で利用できる補助金 (2021年4月29日 時点)
令和3年度神奈川県分散型エネルギーシステム導入事業 法人(公共法人を除く)が対象

【対象機器】
分散型電源
・ガスコージェネレーションシステム(停電対応型)
・燃料電池(熱電併給型)

【エネルギーを効率的に共同利用するための設備】
・熱導管
・電力自営線

【その他の設備(任意に設置し補助対象とすることが可能)】
・太陽光発電設備(自家消費に限る)
・太陽熱等の再生可能エネルギー熱利用設備
・工場廃熱等の未利用エネルギー熱利用設備
・蓄熱設備
・その他上記設備の設置に必要な付帯する設備

※詳細はHP参照
受けられる補助金 補助額は補助対象経費に補助率3分の1を乗じた額 
申請期間 2021/4/23~2021/8/13
問い合わせ先 産業労働局 産業部エネルギー課
TEL: 045-210-4076  HP
神奈川県で利用できる補助金 (2021年4月29日 時点)
令和3年度地域電力供給システム整備事業 小売電気事業者又は小売電気事業者を含む複数事業者

対象機器:太陽光発電、風力発電システム等

※詳細はHP参照
受けられる補助金 補助対象経費の1/3(補助上限額800万円) 
申請期間 2021/4/23~2021/7/23
問い合わせ先 産業労働局 産業部エネルギー課
TEL: 045-210-4115  HP
鎌倉市で利用できる補助金 (2021年7月20日 時点)
鎌倉市住宅用再生可能エネルギー・省エネ機器等設置費補助金(太陽光発電設備等および電気自動車の購入補助)(令和3年度) 自らが電力会社と電灯契約を締結していること。ただし、他者に居住の目的で住宅を貸し出す場合は、住宅を借り受けた者が当該契約を締結すること。
補助対象設備は、すべて未使用品であること。
補助対象設備を共同住宅等に設置する場合は、居住部分で使用される設備に限る。共用部分で使用される場合は補助対象外。

電気自動車を新車として購入した、市内在住の個人または市内に事務所・事業所を持つ法人

なお、割賦販売等により購入した場合で、所有者が割賦販売者、ローン提携販売業者等であるときを含みます。リース車両は対象外

対象機器:HEMS機器、住宅用太陽光発電システム、家庭用燃料電池システム
(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電システム、電気自動車充給電設備、電気自動車
受けられる補助金 HEMS機器 上限1万円

住宅用太陽光発電システム
設置する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値(キロワット表示とし、小数点以下第2位を切り捨てる。)に1万円を乗じて得た額。ただし、上限は3万円。

家庭用燃料電池システム(エネファーム) 上限4万円

定置用リチウムイオン蓄電システム 上限4万円

電気自動車充給電設備 上限2万円

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)加算
次の(1)又は(2)の条件に該当する場合、補助額に5万円を加算する。

(1)補助対象者が申請を行う年度の、国のネット・ゼロ・エネルギー・ハウスに関する補助金の交付が決定している住宅(共同住宅等を除く)で、かつ事業の実施が確認できるもの
(2)補助対象者が申請を行う年度の、神奈川県のネット・ゼロ・エネルギー・ハウスに関する補助金の交付が決定している住宅(共同住宅等を除く)で、かつ事業の実施が確認できるもの

上記(1)(2)の加算について、(1)の補助金を申請する事業は、(1)の条件にて加算を受けるものとし、(2)の条件では加算を受けられないものとする。ただし、(1)の補助金の採択を受けられない場合はこの限りではない。


電気自動車1台あたり2万円 
申請期間 2021/4/1~2022/3/1
問い合わせ先 環境部環境政策課
TEL: 0467-61-3421  HP
鎌倉市で利用できる補助金 (2021年5月13日 時点)
鎌倉市環境共生施設整備費・経営基盤強化補助金(令和3年度) 鎌倉市内において、製造業、情報通信業及び自然科学研究所を1年以上継続して営んでいる企業。

対象事業:環境共生施設整備事業、経営基盤強化事業
受けられる補助金 環境保全施設(照明LED化等)【補助率50%以内、上限300万円】
雨水活用施設【補助率30%以内、上限100万円】
太陽光発電施設【1キロワットにつき10万円、上限150万円】
ISO認証等取得事業【50%以内、上限30万円】 
申請期間 2021/4/1~2022/3/1
問い合わせ先 市民防災部商工課商工担当
TEL: 0467-23-3000  HP

会社案内 | 採用情報 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright © 日本ビジネス出版. All rights reserved.