事業所向け太陽光発電関連の補助金(静岡県富士市)

検索結果

事業所向け太陽光発電・静岡県富士市の補助金

静岡県富士市の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

静岡県で利用できる補助金 (2017年4月13日 時点)
平成29年度住宅用太陽光発電設備・住宅用強制循環型太陽熱利用設備補助金 静岡県内の既築住宅に太陽光発電設備を設置する個人・事業者(個人事業主を含む)、静岡県内の住宅用建物(新築・既築を問わない)に、要件を満たす強制循環型太陽熱利用設備を設置した個人又は事業者(個人事業主を含む)が対象

対象設備:住宅用太陽光発電設備、住宅用強制循環型太陽熱利用設備
受けられる補助金 住宅用太陽光発電設備…1万円/kW(上限4万円)
住宅用強制循環型太陽熱利用設備…補助対象経費の10分の1(上限10万円) 
申請期間 平成29年度
問い合わせ先 経済産業部産業革新局エネルギー政策課
TEL: 054-221-2949  HP
静岡県で利用できる補助金 (2018年5月17日 時点)
平成30年度住宅用強制循環型太陽熱利用設備補助金 静岡県内の住宅用建物に、次の要件を満たす強制循環型太陽熱利用設備を設置した個人又は法人(個人事業主を含む)、一般財団法人ベターリビングの優良住宅部品認定を受けた個人又は法人(個人事業主を含む)、平成30年4月1日以降に設置が完了した個人又は法人(個人事業主を含む)、設置する設備が未使用品である個人又は法人(個人事業主を含む)が対象
受けられる補助金 対象経費の10分の1(上限10万円) 
申請期間 2018/10/1~2019/3/11
問い合わせ先 経済産業部産業革新局エネルギー政策課
TEL: 054-221-2978  HP
富士市で利用できる補助金 (2017年4月20日 時点)
平成29年度中小企業者温暖化対策事業費補助金 中小企業団体及び中小企業者が主たる構成員である公共団体(構成員が業として利用する施設又は設備を整備する場合)であって、最新の貸借対照表及び損益計算書を提出できる事業者、市内で新エネルギー対策以外の事業を一年以上営んでいる事業者が対象

対象事業
新エネルギー対策又は省エネルギー対策を実施し、大気中への温室効果ガス排出量を削減する事業であって、次に掲げるものが対象
温室効果ガス総排出量を10パーセント以上削減する事業
温室効果ガス排出削減量が5トン以上の事業
売電を目的とする事業
富士市環境エネルギー推進協議会が推奨する機器を導入する事業

対象設備:LED照明、高効率空調、高効率ボイラー、高効率変圧器、太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電、バイオマス燃料製造、太陽熱利用システム、地中熱利用、温度差エネルギー
受けられる補助金 【省エネルギー】
市補助金のみ:経費の4分の1、温室効果ガス1キログラムあたり100円のうちどちらか少ないほうの金額、上限は75万円。※LEDは上で算出して得た数に0.8を乗じた額
国・県補助金との併用:経費の10分の1、温室効果ガス1キログラムあたり100円のうちどちらか少ないほうの金額、上限は300万円
【太陽光発電発電出力】
市補助金のみ:08万円/kw、上限は100万円
国・県補助金との併用:08万円/kw、上限は100万円
※その他詳細はHPを参照 
申請期間 平成29年度
問い合わせ先 環境総務課
TEL: 0545-55-2901  HP
富士市で利用できる補助金 (2018年4月5日 時点)
富士市中小企業者温暖化対策補助金(平成30年度) 中小企業団体及び中小企業者が主たる構成員である公共団体(構成員が業として利用する施設又は設備を整備する場合)であって、最新の貸借対照表及び損益計算書を提出できる事業者、市内で新エネルギー対策以外の事業を一年以上営んでいる事業者が対象

対象対策:LED照明、高効率空調、高効率ボイラー、高効率変圧器、付随する省エネ改修等、太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電、バイオマス燃料製造、太陽熱利用システム、地中熱利用、温度差エネルギー
受けられる補助金 ※詳細はHP参照 
申請期間 平成30年度
問い合わせ先 環境総務課
TEL: 0545-55-2901  HP

協力:サンテックパワージャパン株式会社

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.