住宅用太陽光発電関連の補助金(宮城県仙台市)

検索結果

住宅用太陽光発電・宮城県仙台市の補助金

宮城県仙台市の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

宮城県で利用できる補助金 (2018年1月3日 時点)
平成29年度スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金 宮城県内に住所を有する、または本拠を置く者で、対象設備設置の工事を行う個人、または法人が対象。

対象設備:・太陽光発電システム、蓄電池、家庭用燃料電池(エネファーム)、既存住宅省エネルギー改修、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

※詳細はHP参照
受けられる補助金 太陽光発電システム:5万円/件
蓄電池:10万円/件
家庭用燃料電池(エネファーム):15万円/件
既存住宅省エネルギー改修:工事に要する経費の1/10の額
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH):25万円/件 
申請期間 2017/5/15~2017/12/28
問い合わせ先 再生可能エネルギー室
TEL: 022-211-2655  HP
宮城県で利用できる補助金 (2018年5月10日 時点)
平成30年度スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金 宮城県内に住所を有する個人、または本拠を有する法人(個人事業主も含む)で、対象設備を設置する者が対象。

対象設備:太陽光発電システム、地中熱ヒートポンプシステム、蓄電池、住宅用外部給電機器(V2H)、家庭用燃料電池(エネファーム)、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)、既存住宅省エネルギー改修、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)
受けられる補助金 太陽光発電システム: 蓄電池:10 家庭用燃料電池(エネファーム):15万円/件 既存住宅省エネルギー改修:工事に要する経費の1/10の額 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH):25万円/件

・太陽光発電システム:5万円/件
・地中熱ヒートポンプシステム:対象経費の1/10(上限30万円)
・蓄電池:8万円/件
・住宅用外部給電機器(V2H):7万円/件
・家庭用燃料電池(エネファーム):15万円/件(既築、LPガス、寒冷地仕様は各3万円/件上乗せ)
・HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム):3万円/件
・既存住宅省エネルギー改修:改修部位・範囲により3千円~12万円
・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH):25万円/件 
申請期間 2018/5/14~2018/12/28
問い合わせ先 再生可能エネルギー室
TEL: 022-211-2655  HP
仙台市で利用できる補助金 (2018年3月5日 時点)
仙台市熱エネルギー有効活用支援補助金(平成29年度) 仙台市内に居住用住宅を所有している個人、または所有する予定の個人、建売住宅(補助対象機器付)を購入する個人、仙台市内の事業所等を所有又は管理している者、若しくはまたは所有又は管理する予定の者が対象。

対象機器:窓断熱改修、・熱利用システム(太陽熱・地中熱・下水熱)、コージェネレーションシステム(エネファーム・エコウィル・事業用コージェネレーション)
受けられる補助金 【熱利用システム】
太陽熱(自然循環型):補助対象経費の1/10(上限3万円)
太陽熱(強制循環型):補助対象経費の1/10(上限9万円)
太陽熱(補助熱源一体型):補助対象経費の1/10(上限12万円)
地中熱:補助対象経費の1/5(上限50万円)
下水熱:補助対象経費の1/3(上限400万円)

【コージェネレーションシステム】
エネファーム:15万円/台(上限1棟当たり30万円)
エコウィル:15万円/台(上限1棟当たり30万円)
事業用コージェネレーション:補助対象経費の1/10(上限100万円) 
申請期間 2017/4/1~2018/1/31
問い合わせ先 環境局環境企画課
TEL: 022-214-8232  HP
仙台市で利用できる補助金 (2018年2月28日 時点)
仙台市防災対応小型太陽光発電機器購入補助金(平成29年度) 市内に住所を有し、かつ、居住している個人、又は市内の町内会等が対象。
詳細はHPを参照。
受けられる補助金 購入する補助対象機器と一体不可分の税抜購入費用の5分の1
【上限(W)】
1以上5未満…1,000円
5以上25未満…6,000円
25以上…10,000円 
申請期間 2017/4/1~2018/1/31
問い合わせ先 環境局環境企画課
TEL: 022-214-8232  HP

協力:サンテックパワージャパン株式会社

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.