> コラム > 環境 新製品:中古携帯ビジネスの支援サービス/エコケー

環境 新製品:中古携帯ビジネスの支援サービス/エコケー

環境ビジネス編集部

記事を保存

新規参入企業がノーリスクで利益を上げられる
中古携帯販売事業の参入支援

リユースパソコン事業や中古携帯販売事業を行うイオシスが、中古携帯の買取から商品化、端末提供までの流通に特化したサービスを提供する専門会社、エコケーを設立した。

イオシスは2008年11月から中古携帯の販売を始め、約1年間で15,000台の販売実績を上げ、現在も月間販売台数が約2,000台と、順調な伸びをみせている。今回の新会社設立は、同社がこれまで培ってきたノウハウを提供して市場参入する企業を増やし、中古携帯市場を活性化させるのが狙い。

事業のイメージ図

事業のイメージ図


「ポストdeカイトリ」

「ポストdeカイトリ」


エコケーが行うサービスは2種類。買取支援サービスは、買取の相場価格の検索、商品チェック方法など、中古携帯の買取ノウハウを網羅したマニュアルをウエブ上で有料提供するというもの。未経験者でも新規参入がしやすいように、同社スタッフによる買取方法の直接指導や、業務開始後の疑問を解決するためのサポート対応が用意してある。買取商品はエコケーに販売するか、参入企業自身で販売する。マニュアルとチェックシートにそって買い取りを行っていれば、万が一買取商品に不具合がある場合でも、エコケーが買い受けると保証している。つまり、参入企業はノーリスクで利益を得ることができるというわけだ。

もう一つのサービス「ポストdeカイトリ」は、古物営業以外の店舗運営企業が対象。協力企業には、店頭にエコケーの専用買取封筒を設置してもらう。封筒の設置費用は一切かからない。携帯電話の新規購入や機種変更を検討している顧客に対して、旧機種下取りサービスを案内してもらい、顧客が中古携帯をポストに入れて投函すれば、顧客とエコケーの間の取引が成立。すると協力企業にはインセンティブが入るという仕組み。協力企業は、古物商の許可もコストもなしに、中古携帯販売の一端を担い利益を上げることができる。中古携帯販売への間口を広げる仕組みだ。

エコケーでは、今後もデータ消去、クリーニング、パッケージングリターンサービスなどを順次展開して、サービス内容の充実をはかる。

 
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.