> コラム > 広島市の下水道事業(自治体からみた包括委託事業)

広島市の下水道事業(自治体からみた包括委託事業)

環境ビジネス編集部

記事を保存

西部浄化センターの包括委託業務は、フランス系外資のヴェオリア・ウォーター・ジャパンと昭和エンジニアリングのジョイントベンチャー「ヴェオリア昭和広島市西部浄化センター維持管理包括委託業務共同企業体」が約29億3000万円で契約。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.