> コラム > パナソニックがLED照明の新戦略を発表 今年度売上高は1,250億円を見込む

パナソニックがLED照明の新戦略を発表 今年度売上高は1,250億円を見込む

環境ビジネス編集部

記事を保存

パナソニックが11月、LED照明の新戦略について発表を行った。新たな商品ラインナップとして、肌の色が美しく見える「美光色」タイプ、生鮮食料品を自然でおいしそうに見せる「採光色」タイプなどを拡充し、2012年度のLED照明事業の売上高は、前年度比約65%増の1,250億円超を見込むという。

パナソニック・松蔭邦彰役員は、2012年4月に発売を開始した「美光色LED照明」について、「すでに百貨店の化粧品売り場、エステサロン、美容室などで多く採用されている。今回、低色温度タイプや高出力タイプなどの品種を追加することで、飲食店や高天井などの空間にも対応できるようになる。商業施設全般で、導入を進めていく」とした。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.