> コラム > 太陽熱で給湯・冷暖房をまかなうポルトガルの銀行

太陽熱で給湯・冷暖房をまかなうポルトガルの銀行

GBE Factory

記事を保存
ポルトガル貯蓄銀行(Caixa Geral de Depósitos、CGD)の外観

ポルトガル貯蓄銀行(Caixa Geral de Depósitos、CGD)はポルトガル最大手の国営銀行だ。ポルトガル政府は2010年に「太陽熱温水器/暖房に関する国家戦略基準枠組み(QREN)」を制定し、自然エネルギーの熱利用を推進しており、同銀行の本店が入居する、ポルトガル・リスボンのオフィスビルでも、2008年から太陽熱利用システムを導入、利用している。

17階建、のべ床面積は100,000平方メートル。勤務時間中には6,000人の従業員が働くビルの屋根約1,600平方メートルに、太陽熱集熱器が設置されている。

(※全文:1,003文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.