> コラム > アジアで廃棄物処理ビジネスを展開する時に重要なポイント3つ

アジアで廃棄物処理ビジネスを展開する時に重要なポイント3つ

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ワールド・ウォッチグループの最近のレポートによると、世界の一般廃棄物の量は2025年までに倍増する見込みであるという。

各地域で整備されていく廃棄物管理システムはそのまま、廃棄物を有価物化する解決策となっていく。

資源回収、リサイクル、堆肥化、再生可能エネルギーへの利用や最終処理など、既に多くの企業が革新的な技術の導入で、各々の地域に合った方法を構築しつつある。

ここで今、企業が自社で培った技術を異なるアジア市場へ売り込むとき、考慮すべき3つのポイントがある。

(※全文:839文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事について

Green Prospects Asia
著者:Lim Wan Tsau (Green Prospects Asia)
グリーン・プロスペクツ・アジア(Green Prospects Asia、GPA)は、アジア太平洋地域の環境ビジネスに特化した英文の月刊誌です。iPhoneやiPadなら電子書籍も購入することができます。(購入方法:ニューススタンドから「Green Prospects Asia」を検索、450円)。また、誌面に掲載する広告主も随時募集中です。詳細はGreen Prospects Asia公式ウェブサイトをご覧ください。(英語)  
※元記事URL:http://greenprospectsasia.com/content/gpa-insight-how-disrupt-market-looking-trash
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.