動植物の生態・構造を模倣した未来都市

  • 印刷
  • 共有

バイオミミクリーとは生物模倣とも表し、動植物の生態や構造を分析し模倣することで、よりサステナブルな新しい技術を生み出すことを目的とする。そのバイオミミクリーの技術を駆使した未来の都市の構想、それが「樹冠都市」だ。

野菜や果物の形や構造からヒントを得た、未来の都市「樹冠都市」。これは、自然建築デザインで有名な工学院大学の藤森照信教授のインスピレーションをベースに、生物・植物から学ぶ「バイオミミクリー」の第一人者である東北大学大学院の石田秀輝教授の助言をうけて、大林組が構想したものだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報