新たな日本のエネルギー資源となるか 仙台市で、藻類オイル実用化へ実証実験

  • 印刷
  • 共有
左がボトリオコッカス、中央がオーランチオキトリウム。試算では20万ヘクタールの培養施設があれば、日本の原油輸入量に匹敵する藻類オイルが生産できる(写真提供:仙台市)

左がボトリオコッカス、中央がオーランチオキトリウム。
試算では20万ヘクタールの培養施設があれば、日本の原油輸入量に匹敵する藻類オイルが生産できる
(写真提供:仙台市)

下水の処理には多大なコストとエネルギーを要する。処理の際に出る活性汚泥は、産業廃棄物として国内で年間に4万トンも焼却処理されているのだ。この下水から新しいエネルギーを創出しようという動きが始まっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報