> コラム > オーストリアに12,400平米の「電力自給型ビニールハウス」

オーストリアに12,400平米の「電力自給型ビニールハウス」

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

温暖化対策にも貢献する「電力自給型ビニールハウス」が、スロヴェニア国境にほど近い、オーストリアのムレックで運用を開始した。このビニールハウスでは、太陽光発電システムが設置された12,400平方メートルの屋根の下で、野菜、花苗、ハーブ類などを有機栽培している。

年間発電量は約1,000MWhにおよび、同規模のビニールハウスに比べ、この再生可能エネルギーの利用により約50%のエネルギー消費を節減することに成功している。CO2換算にして、年間約1,100kgのCO2を削減することになる。

(※全文:706文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.