ソーラーシェアリング対談 浜松市・デコポン栽培と売電を両立

  • 印刷
  • 共有

農地を耕作しながら発電事業が可能となるソーラーシェアリングが注目されている。しかし、農業再生に貢献するとの期待が大きいものの、「前例がない」という消極的理由で実現が阻まれているのが現状だ。

そうした状況下、果敢にソーラーシェアリングに挑んでいるのが浜松市の坪井貞美氏。その坪井氏に太陽光パネルを供給したのが、個人でも簡易に組み立てられるソーラー発電所「MY発電所キット」を販売するLooop社だ。同社代表の中村創一郎氏と坪井氏がソーラーシェアリングの現状、今後の可能性等について語り合う。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事