> コラム > 「個人」単位で被ばく線量を計測 避難住民の帰還に向け基準を変更へ

「個人」単位で被ばく線量を計測 避難住民の帰還に向け基準を変更へ

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

原子力規制委員会は11月11日、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う避難住民の帰還に向けた報告書案をまとめ、有識者会議で大筋の了承を得た。

報告書案は空間の被爆放射線量で年20ミリシーベルトを下回ることを帰還の必須条件としながらも、避難住民の強い帰還希望に応えられるよう避難指示の解除に向け、追加の被爆線量を「空間」線量ではなく「個人」が受ける被ばく線量とした。

(※全文:1,045文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.