> コラム > 悪事事業者排除へ、設備認定の基準変更 買取制度運用ワーキンググループ

悪事事業者排除へ、設備認定の基準変更 買取制度運用ワーキンググループ

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

設備認定にかかわる問題点を解消するため、経済産業省では、事業者に対し、しっかりとした事業の裏付けを求め、認定から着工まで一定の期限を設けることなどが検討されている。

固定価格買取制度で売電するためには、事前に国から発電設備の認定を受ける必要がある。しかし、設備認定を取得した事業者が、未着工のまま事業が中断しているケースがあるなど、問題も生まれている。そうした状況を受け、認定を受けた事業者がきちんと運転を開始するようにするため、現在、経済産業省の買取制度運用ワーキンググループでは、設備認定の見直しについて議論が進んでいる。

認定基準の変更は、主に2つの方向性で検討されている。

(※全文:304文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.