> コラム > 開発進む有機EL照明、発光効率131lm/Wに

開発進む有機EL照明、発光効率131lm/Wに

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

コニカミノルタが、先日、世界最高記録となる、発光効率131lm/Wを達成した発光面積15平方センチメートルの白色有機EL照明パネルを開発したと発表した。

開発品は直接製品化を目指したものではないとしているが、131lm/Wは一般のLED照明を上回る効率だ。有機EL照明の可能性を広げるものとして期待がかかる。

次世代照明として注目されている有機EL照明の実用化は、コニカミノルタは新規事業の柱として開発を進めてきた分野。

ほかにもパナソニック出光OLED照明はじめ、各電機メーカーがLEDの「次」に狙っている新市場だ。

(※全文:968文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.