> コラム > 再生可能エネルギー、資金調達のノウハウが凝縮

再生可能エネルギー、資金調達のノウハウが凝縮

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となるCO2をほとんど排出しない、優れたエネルギー。エネルギー供給構造高度化法で「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」として、太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、大気中の熱その他の自然界に存する熱、バイオマスが規定されている。中でも太陽光発電は、再生可能エネルギーの代表ともいえる技術だ。

2011年8月26日、国会で「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」が成立し、2012年7月より「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が開始された。この制度は、再生可能エネルギーで発電された電気を電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度。再生可能エネルギーの導入拡大、コスト低減、発電事業の推進が狙いだ。

(※全文:3,041文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.