> コラム > 建築基準の改正で、積極的な森林活用の可能性高まる

建築基準の改正で、積極的な森林活用の可能性高まる

2014年5月29日に改正建築基準法が成立。建築基準法の第21条、第27条が改正された。この改正により、学校などの特殊建築物において、3階建ての建物の建築が可能となり、管理が必要な森林を多く所有している地方自治体などにおいて、木材利用の促進が期待される。

具体的には下記のとおり。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.