> コラム > 電力会社8社に聞く「事前協議のポイント」

電力会社8社に聞く「事前協議のポイント」

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電の開発・導入が順調に進む中、多くの新規事業者も参入し、土地利用規制や取引上の契約、系統接続などについて事業者の事前知識不足による課題も浮上している。太陽光発電事業者と電力会社の事前協議のポイントをまとめた。(※主要各電力会社8社にアンケート調査を実施 [環境ビジネス編集部:2014.4.20] )

伸び続ける太陽光発電

主要各電力会社8社によると「2013年度の太陽光発電設備の電力受給の契約件数」は、全国で2012年度の696,699件から2013年は883,527件に増加。前年比で約130%近い伸びを示している。中でも、東北電力は2012年度から2013年度にかけて150%以上増加した。また、最も契約件数が多かったのは中部電力で、30万件を突破している。

(※全文:2,315文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.