> コラム > 社員の自主的な環境改善活動の仕組化を実現

社員の自主的な環境改善活動の仕組化を実現

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

DIC鹿島工場は、東日本大震災をきっかけに、「エネルギー見える化システム」を導入。運用面での様々な工夫や改善を通し、大幅なエネルギー改善を行なっている児玉工場長、阿部原動グループリーダー(GL)に、導入のポイントや運用方法などについて話を聞いた。

DIC鹿島工場は、1972年に鹿島工業地帯の西部地区に設立。主に有機顔料をはじめ、機能性添加剤、PPS(ポリフェニレンサルファイド)を生産する。DICグループの中でも主力工場としての生産量を誇り、使用されるエネルギー量も膨大だ。

(※全文:2,329文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.