> コラム > 太陽光発電、用地選定チェックポイントA・B・C

太陽光発電、用地選定チェックポイントA・B・C

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

用地選定が太陽光発電事業の収益性や実現性に最も大きな影響を与える。高圧連系で事業化を考える事業者が、用地選定ノウハウがないことや、用地売買に関するブローカー(仲介業者)が発電事業に詳しくないことから、多くのトラブルが発生している。

太陽光発電事業の検討は、用地選定からスタートすることが多い。特に発電容量50kW以上、2000kW未満の高圧連系で事業を行うときには、造成しておらず、パネルも配置されていない土地を見て、事業地を選定することとなる。

事業法人や投資ファンドで太陽光発電を事業化している方々は、用地選定ノウハウを蓄積しているが、太陽光発電以外の事業を営んでいる法人が節税対策として太陽光発電に取り組む場合や、個人規模の事業者が初めて太陽光発電に取り組む場合、用地選定の段階で失敗していることがある。

(※全文:2,641文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

笹川 雅幸(ささがわ・まさゆき)

BIBアセットマネジメント 代表取締役

自ら1メガワットクラスの太陽光発電事業を経営するとともに、多数の事業者に発電事業コンサルティングを 実施。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.