> コラム > 太陽光発電事業で地域と農業を支援

太陽光発電事業で地域と農業を支援

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

群馬県を中心に農産物の生産、加工・流通、直売の仕組みを構築し、農家の所得向上を支援するファームドゥがソーラーシェアリングに挑戦。耕作放棄地を活用し、農業と発電事業の両立を図り、農産物とエネルギーの地産地消を目指す。

農家の収入を20倍に

群馬県を拠点に農産物の生産、加工・流通、直売を手掛けるファームドゥが農業と発電事業を両立させるソーラーシェアリングの事業化(ソーラーファーム)に本格的に取り組んでいる。同社は首都圏をターゲットに農産物の独自流通システムを構築し、農産物直売所を展開しているが、栽培した農産物をこの直売チャネルで販売する計画だ。

(※全文:1,693文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.