> コラム > 「ロビンス博士、原発がなくても経済は廻るのでしょうか?」

「ロビンス博士、原発がなくても経済は廻るのでしょうか?」

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

世界的な再生可能エネルギー省エネの権威であるエイモリー・B・ロビンス氏が緊急来日。(社)エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議主催のシンポジウムで、世界のエネルギーの潮流と日本の課題について講演した。連載4回目となる今回は、代表の鈴木悌介氏と「ロビンス博士、原発がなくても経済は廻るのでしょうか?」というテーマで行われた対談の様子をレポートする。

鈴木

ロビンス先生のプレゼンテーションを聞き、原発がなくても十分に経済を廻すことができると感じました。なぜそれを日本ができないのかと改めて考えました。ここでは、ロビンス先生への2つの質問を柱に、話をしていきたいと思います。一つ目の質問です。再生可能エネルギーは、本当に私たちの国の膨大なエネルギー需要を賄うことができるのでしょうか。

(※全文:4,076文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.