> コラム > ZEH普及に向け予算倍増(前編)

ZEH普及に向け予算倍増(前編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

まもなくスタートする平成26年度補正予算ZEH支援事業は費用に対する定率補助から住宅一棟に対する定額補助へ。ハウスメーカーのZEHラインナップの増加や、近年の普及の兆しを捉えて、支援を加速する。2030年にZEH普及目標の達成を目指す。

省エネに創エネを組み合わせる

FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)による太陽光発電の2015年度買取価格が引き下げられる中、エネルギーを創るよりも省エネルギーを進めエネルギー収支をゼロにしようというZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に注目が集まっている。ネット・ゼロとは正味(ネット)でゼロという意味だ。

★本記事は3月16日発売 季刊「環境ビジネス」2015年春号にも掲載されています。
【特集】住宅向け太陽光発電 需要拡大と対策

雑誌も届く、環境ビジネスお得な3大購読特典が付いた
プレミアム会員の登録はこちら

(※全文:2,553文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.