> コラム > 「2030年度に13年度比26%削減」 温室効果ガス削減目標案は低いか否か?

「2030年度に13年度比26%削減」 温室効果ガス削減目標案は低いか否か?

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

政府は4月30日、2030年度の温室効果ガスの削減目標を「2013年度比で26%削減する」という案を発表した。今月内にも正式に決定し、6月にドイツで開催される主要7カ国首脳会議(G7サミット)で正式に表明する。

今年末にフランス・パリで開催されるCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)では、2020年以降の温室効果ガス排出削減の新たな国際枠組みが採択される予定。これに先立ち、全ての国に対して自主的に決定する2020年以降の温室効果ガス削減の目標等の取組み(約束草案)を提出することが招請されているが、日本は提出が遅れている。

(※全文:2,091文字 画像:なし 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.