> コラム > 電力各社の再生エネルギー接続可能量の算定結果(暫定) ―まとめ―

電力各社の再生エネルギー接続可能量の算定結果(暫定) ―まとめ―

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

現在、2030年のエネルギーミックスについて原案が示され、有識者らによって盛んに議論が行われている。各エネルギーの割合などについては、本コラムなどでも話題にされているため言及はさけるが、ここでは、その根拠となる電力各社の接続可能量の算定結果(暫定)をまとめ、焦点となるポイントに絞って紹介したい。

これまでの系統WGでの議論を踏まえた接続可能量の算定方法(1)

【A】需要

需要については、2013年度の各社需要実績に、余剰買取による太陽光発電の自家消費分を考慮した実需要を用いた。また、最低需要については、4月又は5月の休日(GWを除く)の晴天日昼間の太陽光発電の出力が大きい時間帯の需要とした。

(※全文:3,117文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.