> コラム > 空押さえPV発電設備、認定取消しへ

空押さえPV発電設備、認定取消しへ

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

資源エネルギー庁が太陽光発電の調達価格の適正化と、接続枠を確保したまま事業を開始しない「空押さえ」を解消するため、未着工案件の書類による審査と、1件1件の聴聞を実施、接続枠に空きを確保する。

400kW以上PVに報告徴収

2015年1月末時点での産業用太陽光発電の導入容量は1331万kWに達したが、これは認定容量6810kWのわずか20%ほどに過ぎない。こうした中でFIT制度運用上、課題となっているのが「太陽光発電に適用される調達価格の適正化」、「接続枠を確保したまま事業を開始しない『空押さえ』の解消」だ。

(※全文:1,959文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.