> コラム > 農場を拠点とした地域一体型の循環型システムを構築

農場を拠点とした地域一体型の循環型システムを構築

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

農場が中心となり周辺地域の農家、学校を取り込む循環型システムを構築。岩手県岩手郡のバイオマスパワーしずくいしは、排出される家畜のふん尿や食品残さで発電し、液肥やたい肥も製造する。

小岩井農牧、雫石町、東北発電工業、東京産業などが共同出資する同社は、拠点となる小岩井農場内に建設され、地域の廃棄物の複合湿式処理を行う。多くのバイオマス発電所は、地域の林業系の団体や自治体で運営するが、民間企業を主体に運営されるケースは珍しい。

(※全文:900文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.