> コラム > 急増する新規事業。求められる事業責任者人材とは ― 業界就職トレンド動向(3)

急増する新規事業。求められる事業責任者人材とは ― 業界就職トレンド動向(3)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

環境問題に対する世界的な対策方針に基づいて、日本でも次々に環境関連の新法案や制度・優遇処置などが生まれ、ビジネスチャンスも比例して拡大しています。そこで同時に生まれてくるのが「新規事業」です。各企業は生き残りのため、そしてビジネス拡大のため次々にビジネスモデルを構想していますが、そのチャンスを活かせるか否かも、プロジェクトの責任者次第。経営者は自分の構想したビジネスモデルを的確に、そして理想以上に遂行してくれる人材を探しています。今回は「環境業界の新規事業」に関する事例と生まれている雇用・人材ニーズについてお話したいと思います。(同じテーマで6月16日にセミナーを開催します。詳しくはこちらをご覧下さい。)

急増する環境業界の新規事業

上述したように、環境業界はいま、急激なスピードで業界が拡大しており、新しいビジネスチャンスも次々に生まれています。環境省の出す「環境産業の市場規模・雇用規模等の推計」という資料で環境業界の成長度、成長分野が分かりやすく記されているので、この資料をもとに解説をしていきたいと思います。

概要版 環境産業の市場規模・雇用規模の推計(環境省)

参照:概要版 環境産業の市場規模・雇用規模の推計(環境省)
(※画像クリックで拡大)

上記のグラフのように、環境業界は2013年度時点で市場規模90兆円を超え、2020年度目標の120兆円に向けて成長しています。そして中でも「地球環境温暖化」分野がとりわけ成長しているのが見て取れます。この分野が太陽光発電やLED照明などニュースでも良く聞く「創エネ」「省エネ」「蓄エネ」「エネルギーマネジメント」などの分野です。行政は国家間でコミットしたCO2削減目標を達成するため、この分野に補助金・助成金・優遇措置などの施策に集中して力を入れています。

※全文: 3123 文字 画像 :あり 参考リンク :あり

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.