> コラム > 再エネ発電比率40〜50%に向けFIT見直し・新支援策の改革が着々と進むドイツ

再エネ発電比率40〜50%に向けFIT見直し・新支援策の改革が着々と進むドイツ

環境ビジネス編集部

記事を保存

2020年の原発ゼロ化を目指すドイツでは、原子力での発電分をガス火力と再エネ発電で補填する。再エネでは太陽光が飛躍的に進展しており、風力導入も進む。ただ、再エネ導入が拡大するとともに利用者負担も増大したことから、FIT見直しなど導入支援策の改革も進められている。

(1)1次エネルギー国内供給

ドイツは褐炭・石炭資源が豊富で、これらによる火力発電が工業の発展をもたらした。1960年代以降、石炭は輸入石油に取って代わられたが、1973年のオイルショックを機に石炭への再転換、石炭産業保護策が進み、2013年時点でも石炭生産量は国内エネルギー生産量の37%を占める。

(※全文:2061文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.