> コラム > シェアリングエコノミーは次世代の環境ビジネス

シェアリングエコノミーは次世代の環境ビジネス

財産やサービスを得るために必要な資源やエネルギーを1/10にする「ファクター10」という考え方。場所・モノなどの遊休資産を共有するシェアリングエコノミーはこの考え方に相当し、ICTの進化により今後爆発的な可能性が見込まれている。シェアリングエコノミー協会代表理事の上田祐司氏にその可能性について話を聞いた。

資源やエネルギーを1/10にする。

近年シェアリングエコノミーが急速に拡大している。その大きな要因は、「SNSの浸透で他人とのコミュニケーションの敷居が下がったこと、そしてスマートフォンの発展で、いつでもどこでもリアルタイムにつながるようになったことです。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 95 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.