> コラム > 民間企業的な発想をとり入れ、市施設のCO2削減と省エネを実現

民間企業的な発想をとり入れ、市施設のCO2削減と省エネを実現

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

浜松市は市の施設から排出する温室効果ガスの削減と省エネを進めている。(平成27年度省エネ大賞資源エネルギー庁長官賞受賞)。人口80万人の政令指定都市がこうした取り組みを進めるのは珍しい。市役所のすべての部署170課、136の主要施設に温暖化対策推進員を配置した。結果は出た。

(※全文:2274文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

武末 髙裕(たけすえ・たかひろ)

技術ジャーナリスト

環境技術、先端技術を主に取材執筆、講演活動を行う。主著に「あなたの社会の環境技術はこう使え」、「新環境技術で生き残る1000企業」、「いのちを守る食品表示」など。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ