> コラム > 環境経済学で考える国立公園、世界遺産の環境価値

環境経済学で考える国立公園、世界遺産の環境価値

環境会議 編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

国立公園、世界遺産は「タダ?」

近年、国立公園や世界遺産に対する社会の関心が高まっている。全国の国立公園には毎年3億人を上回る観光客が国内外から訪れている。また新たな国立公園として慶良間諸島国立公園(2014年)、妙高戸隠連山国立公園(2015年)が新設され、さらに2016年には、やんばる国立公園が新設される予定である。国内の国立公園には海外から多数の観光客が訪れているが、環境省は日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化することを目指した「国立公園満喫プロジェクト」を2016年5月に開始した。現在の国立公園利用者のうち外国人観光客は年間430万人と推定されているが、このプロジェクトでは2020年までに1000万人まで増やすことを計画している。

(※全文:2005文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

くりやま・こういち
くりやま・こういち
1967年大阪府生まれ。専門は環境経済学。博士(農学)。主要著書として、栗山浩一・柘植隆宏・庄子康『初心者のための環境評価入門』(勁草書房、2013年)、栗山浩一・馬奈木俊介『環境経済学をつかむ第2版』(有斐閣、2012年)など多数。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.