> コラム > なぜあの工務店は「顧客満足度」が凄いのか?

なぜあの工務店は「顧客満足度」が凄いのか?

環境ビジネス編集部

記事を保存

風光明媚な鹿児島県指宿市で、環境配慮住宅を手がける尾辻建設。現代のテクノロジーを用いて、日本伝統の住まいの良さを体現した「パッシブデザインの家づくり」を目指す。最新の技術と匠の技を融合した次世代の住まいに欠かせないパーツの1つが、太陽光発電システムだ。

森から育てる地材地建の継続的生産住宅

尾辻建設の設立は昭和38年。現代のライフスタイルの変化に柔軟に対応しながら、建築士と大工という職人集団で、設計施工からメンテナンスまで、地域密着型の家づくりを貫いている老舗工務店だ。

「生産から環境負荷をかけない家づくりを行っている」と尾辻道弘社長が言い切るように、環境への配慮は実に細やかだ。創業時から林業を手がけていただけあって、地元指宿の森林で植林し育てたものを伐採。家づくりに必要な木材の加工まで行う自社製材工場も有している。

木材調達から環境負荷軽減に取り組む尾辻社長

木材調達から環境負荷軽減に取り組む尾辻社長

「指宿の木材を使うことによって、木材の運搬にかかる化石燃料の使用がまず抑えられます。当社では材木を10km以上移動させることはほとんどありません。また林業・製材の段階で雇用も生まれます」。尾辻建設の配慮は自然環境から地域経済にまで及ぶ。

地場産木材を使うメリットは、それだけではない。「地元の木材はやはり指宿の気候風土によく合います。台風等の災害も多いので、早く修復できることは大切。木造だと全部を取り替えなくても必要な部分のみの交換で直せるし、大きな製材工場ではなく小さいからこそ、フレキシブルに無駄なく材木を作ることができます」。

地元の大切な資産である森林も大切に、家も森も手をいれながら持続させていく「継続的生産型住宅」が尾辻建設の取り組みの柱のひとつだ。

フローリング材も自前で調達、尾辻建設は徹底した地産地消型住まいを目指す

フローリング材も自前で調達、尾辻建設は徹底した地産地消型住まいを目指す

自然エネルギーを活かす家

尾辻建設の住まいは、「熱」「光」「風」を活用し調整する「パッシブデザインの家」が基本だ。高気密・高断熱仕様で、外の暑さや寒さを中に通さず、中の快適な温度は逃がさない。さらに自然の風や太陽光などの自然エネルギーを活用・調整し、使用電力を最小限に抑え、施主にいかに快適に健康的に生活してもらうかを常に考えている。

平成10年にP.V.ソーラーハウス協会に加盟する以前から、このようにパッシブデザインでエネルギー設計を行ってきた尾辻建設にとって、「ZEHに準じた家を建てることは家づくりのスタート地点」だそう。日本特有の四季や地域の特性と密着した住まいづくりを基本に、それでも対応ができない猛暑や極寒に対してはエアコンなどを効率的に利用し手助けをする。そのプラスの電力分を太陽光発電で補うことで、ZEHが実現すると言う。尾辻建設の家は、標準仕様でも十分にZEH条件を満たすというから驚きだ。

地元産の木材の風合いを生かした尾辻建設の施工例

地元産の木材の風合いを生かした尾辻建設の施工例

資産としての住まいと太陽光発電

そんな尾辻建設が太陽光発電を手がけたのは2000年以前。業界でも先駆的に取り組んできた実績ある企業といえる。それだけに「太陽光発電は家づくりのパーツのひとつ。ZEHを実現する上では必須だからこそ、施主様にとって利用しやすい価格であることも大切です」と尾辻社長は語る。

ソーラーパネル導入当初は、他メーカーのものを使用していたが、設置から10年程度で発電量が落ちたり、パーツに錆が発生したりと品質に満足できなかったそうだ。P.V.ソーラーハウス協会を通してトリナ・ソーラーを導入した際に、まず驚いたのが取り付け用の外部パーツの品質の良さだという。

指宿という土地柄、火山灰や硫黄の酸が強いという建材にとっては厳しい環境で住宅を建設してきた尾辻社長。「これならば25年という長期間でも、安心して使うことができる」と厳しい「職人の目」で実感。さらに「トリナ・ソーラーは住宅用だけではなく産業用の太陽光発電において、投資家の厳しい目をくぐって実績を伸ばしてきた太陽光発電専門企業だけあって信頼度が違う」と感じたそうだ。

尾辻建設で施工されたお客様が、自宅の電気状況をきちんと記録して、他社と比較した際、発電量の高さとトリナ・ソーラーの採算性に驚かれた。実際、同じ土地でトリナ・ソーラーと他社ソーラーを20kWずつ載せてその実績を測定したところ、トリナ・ソーラーは設置コストがかなり低いにも関わらず、他社より多くの電気を発電した。試算では5~6年で回収が可能という結果が出た。比較したのが銀行の支店長だというから、その資産価値は確かなものだ。

トリナ・ソーラーのモジュールを施工した住まい

トリナ・ソーラーのモジュールを施工した住まい

建てたら終わりではなく、そこからが始まりという信念で家づくりを続ける尾辻建設。何世代にもわたって住み続けられる資産価値も高い家づくりを通して、これからも暮らしの文化創造に貢献してくれることだろう。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.