> コラム > 認定殺到の小形風力発電『2ヶ月で150件』

認定殺到の小形風力発電『2ヶ月で150件』

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

FITを見据え19.8kWの風車で参入したWinPower(ウィンパワー)は、5月以降、EPC事業者を中心に引き合い件数が急増し、設備認定待ちによる仮申し込み件数が7月末時点、280基を超える勢いだ。地方自治体も地産地消のエネルギーとして注目。

FIT55円/kWhが魅力

事業本部長の大塚利明氏は「風力発電の展示会で大きな反響を呼び、4~6月の問い合わせ件数は400件以上に上る。設置に向けた具体的な商談件数も150件を数える」と風車発表後の手応えを語る。

(※全文:2349文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.