環境用語集 EPC

EPCとは

設計(Engineering)、調達(Procurement)、建設・試運転(Construction)の3つのフェーズをからなる。一般的にはエンジアリング事業のワークフローの仕組みをいい,それぞれの頭文字をとって「EPC事業」「EPC契約」といった名称で使われている。

具体的には,新規産業の発掘や顧客への堤案などを通し、構想段階からエネルギー・プラント事業など,さまざまな産業分野の建設プロジェクトに入り込み、顧客の多様なニーズに応え、設備の設計・機器の調・建設試運転に至るまでを一括し責任を持って遂行する。

近年はメガソーラーの建設などでEPC契約が増えており、三重県津市で計画を進めれている、出力約50.95MWの太陽光発電所建設プロジェクトでは、日揮がEPCを担当している。

(電力土木技術協会ウェブサイトより引用)

関連ニュース 等

環境用語集TOPへ

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報