> コラム > COP22、トランプ大統領誕生により、波乱の幕明け

COP22、トランプ大統領誕生により、波乱の幕明け

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

昨年11月7日から18日の間、歴史的な判断が行われたパリ合意以後、初めてのCOPが開催された。政府の交渉官として参加した島田久仁彦氏に、会議で話し合われた内容や世界各国の温度感、トランプショックを受けて目まぐるしく変化する各国の対応などについて会議の模様をご寄稿いただいた。

(※全文:2268文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

島田久仁彦氏(しまだ・くにひこ)
島田久仁彦氏(しまだ・くにひこ)
株式会社KS International Strategies代表取締役社長・経済産業省参事紛争からビジネス、環境・エネルギー問題など幅広い分野で交渉・調停のプロフェッショナルとして国際的に活躍。国際的に有名な交渉ストラテジストとして知られ、国際会議のファシリテーションのプロフェッショナルとして認められている。著書に『交渉プロフェッショナル:国際調停の修羅場から』(NHK出版)などがある。
 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ