> コラム > 神奈川県が支援する「かながわソーラーバンクシステム」

神奈川県が支援する「かながわソーラーバンクシステム」

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

神奈川県は14年4月に策定したかながわスマートエネルギー計画で30年度までに分散型電源発電量を45%まで高めることを目標とし、かながわソーラーバンクシステムの促進とZEH・ZEBの導入促進に取り組む。

県は再生可能エネルギーの軸足となっている太陽光発電を10年実績の1.38億kWhから20年に38.37億kWhまで引き上げ、30年に85.67億kWhと発電量を高めることを計画する。具体化に向けて取り組んでいるのが、かながわソーラーバンクシステム(以下「ソーラーバンクシステム」)の利用促進と、ZEH・ZEBの導入促進、さらに薄くて軽い薄膜太陽電池の導入だ。

(※全文:2626文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.