> コラム > 投資視点の太陽光発電所 〜手堅いミドルリターンを狙え〜

投資視点の太陽光発電所 〜手堅いミドルリターンを狙え〜

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

FIT改正で電力の買い取り価格が下がっても、すでに太陽光発電施設はできあがっている。国が定めた制度は、そう簡単に変更とはならない。企業を相手に施設をリースするよりも、太陽光発電施設による売電ビジネスは段違いに安定している。

「非常に事業参画し易いビジネスでした」というのが、NECキャピタルソリューションの執行役員藤田直人氏の率直な感想だ。

2012年にFITがスタート。電力の買い取り価格が高く、しかも節税対策にもなるということで太陽光発電ビジネスに、多くの人々が投資した。再生可能エネルギーへの興味ではなく、「ローリスクでハイリターンが望める」ための瞬間的な投資。

(※全文:2525文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.