> コラム > 不毛の地に農業を

不毛の地に農業を

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

土の代わりに特殊なフィルムを使い、果菜類を安定的に栽培する新技術「アイメック(フィルム農法)」が注目されている。開発したのは、早稲田大学発のベンチャー、メビオールの森有一氏。異常気象など農業にとって致命的な水不足、土壌劣化・汚染が世界的に進む中、土耕でも水耕でもない最新農業技術が食料問題解決へのカギを握る。

(※全文:2136文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ