> コラム > 住宅・産業市場へシャープの太陽光ビジネス戦略

住宅・産業市場へシャープの太陽光ビジネス戦略

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

シャープは、住宅向け&産業用の両輪で、今後も太陽光発電モジュールの製造・販売事業と発電所の建設・運営などソリューション事業と連携し、相乗効果を出すことで、太陽光事業全体の収益を高め、安定化させるという戦略を進める。

蓄電池や省エネ家電などを連携していくスマートホームを提案

2017年4月の改正FIT法施行を控え、16年度上期の太陽電池国内出荷量はJPEA出荷統計によると前年を16%下回った。

(※全文:2739文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.