> コラム > 環境と経済の両立には、バランスのとれたアプローチが必要

環境と経済の両立には、バランスのとれたアプローチが必要

環境会議編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

気候変動問題はエネルギー問題であることから、従来の公害問題とは異なる対策が求められる。

このような中、トップダウン方式だった京都議定書とは異なり、パリ協定は「プレッジ・アンド・レビュー」の方式を取り入れ、すべての国が参加するという画期的な合意となった。

(※全文:2554文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ