> コラム > 環境と経済の両立には、バランスのとれたアプローチが必要

環境と経済の両立には、バランスのとれたアプローチが必要

気候変動問題はエネルギー問題であることから、従来の公害問題とは異なる対策が求められる。

このような中、トップダウン方式だった京都議定書とは異なり、パリ協定は「プレッジ・アンド・レビュー」の方式を取り入れ、すべての国が参加するという画期的な合意となった。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 97 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.