> コラム > 電力小売自由化 ―特長のある電力メニュー・サービスを紹介

電力小売自由化 ―特長のある電力メニュー・サービスを紹介

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

家庭での省エネを促進するため、電力小売事業者などエネルギー供給事業者は、どのようなサービスや省エネ製品・情報を提供すべきか――。経済産業省が、そのあり方を示すガイドラインの整備等を進めている。そのポイントを、このガイドラインの策定に向けて、調査や議論を行ってきた検討会の報告書(中間取りまとめ)を通して見てみたい。事業者にとって、今後のサービスや製品を考えるヒントにもなるだろう。

日本が目指すエネルギーミックス(電源構成)における、2030年までの省エネ目標は5,030万klで、そのうち家庭部門の省エネ目標は1,160万kl。

(※全文:2127文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.