> コラム > 鳥海山のふもとを潤す水の恵み~秋田県・西目発電所の更新工事完成~

鳥海山のふもとを潤す水の恵み~秋田県・西目発電所の更新工事完成~

前田 典秀

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

図1:鳥海山を望む水源地 四角井戸ため池

図1:鳥海山を望む水源地 四角井戸ため池

さる4月27日、あおぎみると鳥海山の雄姿がひろがり、ふもとの桜は今が満開。晴天のなかで西目発電所の更新工事の完成を祝う式典が開催された。

平成元年から農業用水路を活用した水力発電で地域の農業生産者の負担を大幅に軽減してきたが、再生可能エネルギー固定価格買取制度の導入を契機に老朽化対策とあわせて更新を行ったものである。

(※全文:1977文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

前田 典秀
全国小水力利用推進協議会 理事 前田 典秀 (まえだのりひで)
静岡県生まれ。葛巻町(岩手県)遊佐町(山形県)平賀町(青森県・平川市)仙北市(秋田県)など全国20数ヶ所の地域新エネルギービジョン策定事業に従事し、風力・太陽光・小水力・バイオマス発電などの再生可能エネルギー導入事業に携わっている。
全国小水力利用推進協議会では設立時から理事・運営委員を務め、小水力発電の制度・政策提言や普及啓発活動とともに京都・嵐山小水力発電事業化に取組み、現在、秋田県仙北市などで小水力発電の開発に取組んでいる。
主な著書に初期の葛巻町の再生可能エネルギーの取組みを記した「風をつかんだ町」(風雲舎)がある。
主な著書/風雲舎

主な著書/風雲舎

京都・嵐山水力発電所

京都・嵐山水力発電所

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.