> コラム > 温室効果ガスの排出削減 2050年までに80%削減

温室効果ガスの排出削減 2050年までに80%削減

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

産業部門における2013年度の二酸化炭素排出量は、4億2,900万t-CO2であり、2005年度比で6.0%減少している。我が国の温室効果ガス排出量の約3割を占める同部門の取組は今後とも重要である。

地球温暖化対策計画(平成28年5月13日閣議決定)

パリ協定を踏まえ、温室効果ガスの主要排出国が、その能力に応じた排出削減に取り組むよう、国際社会を主導し、地球温暖化対策と経済成長を両立させながら、長期的目標として2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指す。

このような大幅な排出削減は、従来の取組の延長では実現が困難である。

(※全文:1925文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.