> コラム > 生産性向上と省エネの両立にはサードパーティの働きがけが必要

生産性向上と省エネの両立にはサードパーティの働きがけが必要

我が国は世界の中で省エネ先進国といえる。経済を発展させるには、エネルギーの利用が不可欠であるが、限られた資源をいかに有効に利活用するかが重要となってくる。実際、国の経済がこれだけ成長していながらも、エネルギー効率を高めることができているからこそ、毎年着実に省エネが進んでいる。

我が国は1973年比でGDPが2.4倍に成長しているにもかかわらず、エネルギー消費は1.2倍にしか増加していない。部門別に見ると、産業部門(工場)では73年比で0.8倍に減少しており、直近の2013年以降で見ても、生産増加の影響を上回るエネルギー効率の改善等が寄与し、全体としてエネルギー消費が減少している。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.