> コラム > 食品メーカー、気象データで物流改革に挑む

食品メーカー、気象データで物流改革に挑む

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

行き詰まり感のある食品メーカーの工場省エネ。天候の変化を織り込まないカンと経験だけの生産販売は需要の変化を読み切れず、無駄な在庫と返品を生みやすかった。省エネ管理の視点を、企業活動におけるエネルギーの無駄遣いを減らす発想へ。高精度と気象情報AIを活用した需要予測が実現させた新時代の省エネ研究の成果を紹介する。

大手メーカーの省エネは工場設備の更新やEMSの運用を始め、これまで製造現場で打つべき手を打ってきた。さらなる省エネには、乾いたタオルを絞る知恵と努力が必要だ。こうした行き詰まり感のある工場の省エネに、風穴を開けるような研究成果が、いま新たなビジネスモデルとして、注目を浴びている。

(※全文:2538文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.