> コラム > EU市民の生活に根ざす「エネ・ラベル」と高い省エネ意識

EU市民の生活に根ざす「エネ・ラベル」と高い省エネ意識

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

EU市民の生活に深く根ざしているエネルギー消費のラベル表示の事例を通し、ヨーロッパの省エネ事情からEU各国のエネルギー政策にまで言及。エネルギーラベル制度が、きちんと市民に根ざし、役立っている事例を紹介する。

無駄嫌いで節約志向の消費者

欧州の家電店などに行くと見かけるこのカラフルなスキーム表示、ご存知だろうか。

これは、EUエネルギー総局が定める、家電製品などのエネルギー消費効率を示す表示だ。店頭だけでなく、製品カタログ上でも表示が義務付けられているので、欧州在住でなくても見かけたことがあるかもしれない。現行の段階表示は、製品カテゴリーにもよるが、A+++からGまでの10段階が一般的(※)。

(※全文:2516文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.