> コラム > 1,500V化・両面発電・M字型アレイ......発電量アップのトレンドを一挙紹介

1,500V化・両面発電・M字型アレイ......発電量アップのトレンドを一挙紹介

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電所の発電量をアップさせると言っても様々な方法があり、ここでは編集部が注目するモジュールや太陽光発電所のデザインなどを取り上げる。近年、世界的なトレンドとなりつつある1,500V対応システムや両面発電セルモジュール、M字型アレイ工法などを紹介する。

大規模太陽光発電所の建設におけるコストダウンに最適な1,500V対応システム

現在、世界の太陽光発電所のデザインにおいて、大きな潮流となりつつあるのが1,500V対応の太陽光発電所だ。特に米国では2016年において約60%のプロジェクトに採用され、今後はインドや中東などの大規模プロジェクトで1,500V対応システムの導入が見込まれている。

(※全文:1975文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.